Y!mobileの正規販売代理店『ヤングモバイル』は、ネット型だからキャッシュバックができる?

Y!mobileを取り扱う代理店はたくさんあります。
ちなみに、私は公式HPから契約の申し込みをしました。

しかし、公式HPよりも代理店のほうがお得なケースがあります。
ほんの少し前まであった、『機種代0円!』とかっていう契約なんかは、公式ページより代理店から購入したほうが、最終的な支払金額が少なくなったのです。

では、2019年10月以降はどうかというと・・・。
まだまだ健在です。

代理店だって、生き残りに必死ですからね。

正確に料金を調べるのは別の機会にして、今回はネット代理店である『ヤングモバイル』を紹介したいと思います。

私は、Appleストアで高いお金を払ってSIMフリーiPhoneを購入し、公式ページからSIM単体の契約をしてしまいました。
ところが、機種代セットのほうが2年間の支払金額を考えると安かったんですよ。

その後悔が、この記事を書く原動力になっています。
私の苦い経験が、皆様のお役に立つことを願って・・・。

代理店制度について

Y!mobileにせよ、大手3キャリア(docomo、au、Softbank)にしろ、自社で直接販売する以外に、代理店網を使って販売を拡大する戦略を取っています。
Y!mobileをみても、電気屋さんのショップ、郊外型のショップ、駅前の店舗型ショップ、総合スーパーの中のショップと、さまざまです。

一度、Y!mobileの公式サイトからお近くのショップを探し、『ショップ詳細』をみてください。
基本情報のところの2番目に、運営会社が記載されています。

一次販売代理店や取次店などの区別も、公式ページには記載されています。
これらの代理店同士も、同じ商品(スマホや回線契約)を販売していながら、競争関係にあるわけです。

私も少し前までは、どこで契約しても一緒でしょって思っていました。
しかし、本当は差がありますよってことを、まず知っておいたほうがいいと思います。

また、こうした店舗を構える携帯ショップは、かなりコストをかけて集客しています。
ショップを目立つ場所にしないとお客さんが来ないので、立地は非常に大切。
目立つ場所は、やっぱり家賃も高い。
お客さんが来ても来なくても、かなりの従業員を抱えないといけないことも負担となっています。
それでも儲かるってスゴイとは思いますが。

ヤングモバイルについて

Y!mobileの正規代理店である、ヤングモバイルは、ネット型の代理店です。
しっかりとしたコールセンターを抱えているものの、店舗を持たないことが強みです。

コストを抑えて、その分をお客様に還元してくれているとのこと。
ココの『ヤングモバイルに関するよくある質問』の1番目に書いてありました。


キャッシュバック、今でもあるんですね。

ネット型の代理店。かなりいいと思います。
ただ、総務省の締め付けはかなり厳しくなっていますから、早めに動いた方がいいかも?

まとめ

単純に、コストをかけずにたくさんの契約を取れるネット型の代理店のほうが、キャッシュバックは多いだろうなと。
それを選ばなかった私は、バカだなあと反省しているお話でした。

しかも、どの代理店で買ったって、同じY!mobile回線、同じスマホ。
安いからと言って、品質が悪いなんてことはありません。

ちなみに、契約を済ませたら、お近くのショップでサポートを受けられます。
なんせ、正式なY!mobileユーザーとなるわけですから。

今度、見積もりを取ってみようと思います。
嫁子供と母親の合計6人で、全員がスマホを新調したらいくらになるのか・・・。

キャッシュバック、たくさんほしいなあ・・・。